kayumi

ビオチン

ビタミンB群のひとつであるビオチンは、体内合成されている健康成分です。

あまり不足することはないと言われていましたが、さまざまな環境の変化によって合成料が減少してしまいます。そんなビオチンの働きとはどのようなものがあるのでしょうか。

ビオチンとは

ビオチンはビタミンB7とも言われているビタミンB群の仲間で水溶性のビタミンです。ビオチンは腸で合成されており、体内合成が盛んに行われている間は不足することはないと言われていました。

ですが最近は生活環境の変化などにより、不足する人も少なくありません。

ビオチンが不足すると、皮膚粘膜毛髪筋肉など、さまざまな部分にトラブルが発生すると言われています。水溶性ビタミンのため、過剰に摂取したとしても尿と一緒に体外へと排出されます。

ビオチンを摂取するために

食事により摂取した炭水化物は、体を動かすエネルギーとして生成され消費されます。

ビオチンはエネルギー生成の際、発生した疲労物質である乳酸を肝臓において再びリサイクルするという働きを持っています。また、ビタミンB群であるビオチンは皮膚や粘膜の健康にも大きく関わっています。

アレルギーが原因で起こるアトピー性皮膚炎によるかゆみや炎症を抑制、改善する効果も持っていると言われています。

ビオチンが多く含まれる食材は

ビオチンが多く含まれる食材

  • 牛レバー
  • 大豆
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • トマト
  • ニシン
  • ほうれん草
  • 玄米

ビオチンは1日50マイクログラムほど摂取すると良いとされています。

ビオチンは体内合成されている成分ですが、喫煙やアルコールの飲み過ぎ、偏った食生活、腸内に悪玉菌が多い人などが不足しがちになると言われていますので、注意が必要です。

おすすめサプリはこちら→「リアルサプリ ビオチン