apple

オスモチン

オスモチンは生活習慣病予防に非常に効果があるとされる成分のひとつです。

あまり聞き慣れない名前ですが、植物の化学物質であるファイトケミカルです。強い抗酸化作用を持つファイトケミカルは注目の成分。そんなオスモチンとはどのような成分なのでしょうか。

オスモチンとは

オスモチンとは、植物生のファイトケミカルのひとつです。ファイトケミカルとは、植物が作りだす化学物質のことで、紫外線や害虫などの外的から身を守るための手段だと言われています。

最近では、メタボリックシンドロームに大変効果があるということが分かり、注目が集まっている成分なんです。

  • りんご
  • トマト
  • さくらんぼ
  • ピーマン
  • とうもろこし
  • ぶどう
  • キウイ
  • じゃがいも

オスモチンはこのようなフルーツや野菜に多く含まれると言われています。

オスモチンの働き

オスモチンの大きな働き・効果のひとつはメタボリックシンドローム予防です。

メタボリックシンドローム予防に大きな効果を発揮する理由のひとつとして、オスモチンがアディポネクチンという成分の働きを活性化させることが出来るからだと言われています。

アディポネクチンは動脈硬化予防や、血中コレステロール値を減少させたりする働きを持っています。

また、インスリンの働きをサポートすることで、インスリンの活動量低下によって発症する糖尿病の予防・改善にも効果を発揮してくれます。

オスモチンを効果的に摂取するには

オスモチンには生活習慣病が気になる人にうれしい効果を発揮する成分です。そのため、出来るだけ効果的に効率良く摂取したいところですね。

オスモチンはじゃがいもやりんごなどの野菜やフルーツに多く含まれる成分ですが、実は実ではなく、部分の方に多く存在していると言われています。

そのため、皮をむいてしまうと、大切な栄養成分を十分に摂取出来ない事に。そのため、出来るだけ皮をむかずに食べることをおすすめします。

おすすめサプリはこちら→「スピード夜トマト君 トマト君