tonyu

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、大豆に多く含まれるポリフェノールの一種です。

女性の不調を整えてくれる成分としてあまりに有名ですが、その働きとはどのようなものなのでしょうか。また、どの程度摂取すると効果的なのでしょうか。

大豆イソフラボンとは

大豆イソフラボンとは、大豆に含まれるポリフェノールの一種のことです。その名の通り、大豆にしか含まれていない成分です。

大豆の胚芽と呼ばれる部分に最も多く含まれており、その量は大豆全体の約0.2~0.4%にしか満たないとても貴重な成分です。女性の不調をサポートしてくれる成分として有名で、サプリメントなども多く販売されています。

大豆イソフラボンの働き

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに非常によく似た働きを持っていると言われており、加齢により減少していく女性ホルモンに代わり、女性の体の不調をサポートしてくれます。

ホルモンバランスの乱れを改善する

女性ホルモンのエストロゲンが減少することで起こる更年期障害の症状や、ホルモンバランスの乱れによるさまざまな不快症状を改善することができます。

骨粗しょう症予防

女性ホルモンエストロゲンは、骨からカルシウムが溶け出してしまうのを防いでいます。ですが、エストロゲンが減少してくると、カルシウムの流出を防ぐことができず、骨粗しょう症になりやすくなってしまいます。

大豆イソフラボンは、エストロゲンの代わりの役割を果たすことで、骨粗しょう症の予防が期待できます。

どれくらい摂取すればいいの?

大豆イソフラボンは、過剰に摂取することが良くないと言われていますが、通常の食生活では、体に悪影響を及ぼすほど過剰摂取することはまずありません。

1日約75mg程度が上限とされています。納豆1パックで約35mg、豆乳200gで約40mg程度の大豆イソフラボンが摂取可能です。

おすすめのサプリメントはこちら→「キッコーマン からだ想い基本のサプリ