chocolate

GABA

GABAはアミノ酸の一種です。もともとは漢方薬として活用されていましたが、最近ではサプリメントとしてとても有名になりました。

その理由のひとつに高いリラックス効果を得られることが挙げられます。どのような働きによるものなのでしょうか。

GABAとは

GABAとはアミノ酸の一種であり、さらに神経伝達物質でもあります。正式名称はγ-アミノ酪酸といい、主に脳内や脊髄に存在しています。

その昔から漢方薬などに活用されてきた成分ですが、注目されはじめたのは、某お菓子メーカーが、GABAを全面に押し出したチョコレート菓子を発売したことから始まります。今までGABAを知らなかった人も、GABAの健康効果に注目するようになったのです。

GABAの働き

GABAの最も大きな働きといえば、リラックス効果を高めることが挙げられます。ストレス社会と言われる現代に、GABAの効能がぴったりと当てはまったと言えるでしょう。

ストレスを受けるとドーパミンのような興奮したりイライラしたりする神経伝達物質が分泌されます。GABAはそんな興奮しやすい神経伝達物質の分泌を抑制する働きを持っているのです。

GABAを効率よく摂取するためには

GABAのリラックス効果を効率よく摂取するためには、GABAの持つ性質を理解しておかなくてはいけません。GABAは体内に存在する成分のため、体内合成しやすい状態にすることが必要です。

GABAは睡眠中に最も多く生成されると言われているため、十分な睡眠、そして睡眠前の補給が重要です。また、GABAを多く含む食品も要チェックです。

GABAを多く含む食品

  • 玄米
  • 漬物、醤油、味噌などの発酵食品
  • チョコレート
  • なす、かぼちゃ、トマト、きゅうり、アスパラガス、メロンなどの野菜

これらの食品を積極的に摂取しましょう。例えば、玄米100gにつき約10mg前後のGABAが含まれていると言われています。

玄米100gはお茶碗1杯分程度なので、白米から玄米に変更するだけで、GABAを効率良く摂取することができます。

おすすめサプリはこちら→「小林製薬 GABA