crab

キトサン

さまざまな健康食品に見られる「キトサン配合」の文字ですが、キトサンは健康にいい影響を与える成分としてとても人気です。キトサンとはどのような成分なのか、そしてその働きとはどのようなものなのでしょうか。

キトサンとは

健康食品に良く見られるキトサンの文字ですが、キトサン多糖類の一種であり食物繊維のひとつです。主にカニやえびの甲羅やイカの骨など甲殻類に多く含まれています。

水に溶けない食物繊維と言われ、体内の老廃物をからめとってくれる働きがあると言われており、科学的に有効性が認められるとして消費者庁から認可を受けた特定保健用食品、いわゆる「トクホ」認定されている成分でもあります。

キトサンの働き

キトサンにはこのような働きがあると言われています。

  • コレステロール減少効果
  • メタボリックシンドローム解消効果
  • 高血圧予防効果
  • 解毒排毒効果

キトサンには水に溶けず、老廃物をからめとる性質があります。そのため、コレステロールのを増加させる原料や、メタボを引き起こす内臓脂肪、また高血圧を引き起こす過剰な塩分など、体にとって悪影響を及ぼすものをからめとり、そして体外へと排出してくれます。

キチンとキトサンって違うものなの?

キトサンのサプリメントや健康食品に、キチン・キトサンと書いてあるものがあります。これはキトサンなのか、それとも違う成分なのか迷った人も多いのではないでしょうか。

このキチンとキトサンは実は同じ成分なんです。キトサンはもともとキチンから抽出された成分ですが、キチンからキトサンへと変化する際、どうしてもキチン成分が多少残ってしまうため、キチン・キトサンと記載することが多くなっています。

もしも表記がキチン・キトサン、キトサンと違っていても同じ成分であると考えて問題ありません。

おすすめサプリはこちら→「カニから高分子 キトサン&キトサンオリゴ糖