natto

ナットウキナーゼ

ごはんに納豆があればなにもいらないといういう人がいるほど、納豆は日本人に愛されている国民食です。ネバネバとした独特の食感は納豆の特徴のひとつでもあります。

そんな納豆には納豆独自の成分が含まれており、それら成分が健康にとてもいい働きをしてくれるそうなんです。どのような成分はどのような働きをしているのでしょうか。

ナットウキナーゼとは

納豆に含まれている気になる独自成分とは、ナットウキナーゼという成分のことです。納豆は大豆を発酵させて作る発酵食品ですが、納豆を発酵させる際、納豆菌という菌が必要となります。

大豆が納豆菌によって発酵していく過程で生まれるのが、このナットウキナーゼなんです。タンパク質を分解する力を持っているタンパク質分解酵素であり、納豆の特徴のひとつであるあのネバネバを作り出しています。

ナットウキナーゼの働き

ナットウキナーゼにはこのようなさまざまな健康効果があると言われています。

  • 血液サラサラ効果
  • 高血圧予防効果
  • 高コレステロール改善効果

なかでも血液サラサラ効果は有名で、血栓を溶かす働きを持っていると言われ、動脈硬化の改善に大きな効果があります。

ナットウキナーゼに含まれるプロウロキナーゼプラスミンという成分が血栓をできにくく、さらにできた血栓も溶解させてしまう力を持ってるため、このような効果が発揮できるのです。

ナットウキナーゼを効果的に摂取するには

ナットウキナーゼの効果をできるだけ有効に受け取りたい場合は、このようなことに気を付けて摂取するといいと言われています。

火を通さない

ナットウキナーゼはタンパク質分解酵素です。酵素はどれも熱に弱い性質を持っており、熱を加えることで、その活動をストップしてしまうと言われています。そのため、なるべく火を通さず生のまま食べるといいでしょう。

夕食時に摂取する

ナットウキナーゼの大きな働きにひとつが血栓をできにくくし、血液をサラサラにすることが挙げられます。

血液がドロドロになりやすくなる、いわゆる血液粘度が高くなるのは夕方から夜就寝中です。粘度がアップする前に摂取することで、サラサラの血液をキープできるようにします。

このような摂取方法の他に、持病のためワーファリンなどの血栓症薬を飲んでいる人は十分に注意が必要です。ナットウキナーゼの働きにより、薬の効果が十分に発揮できないことがあるからです。

このような薬を飲んでいる人は、納豆の食べ過ぎには注意し、医師に相談してみることをおすすめします。

おすすめサプリはこちら→「ヤクルトヘルスフーズ ナットウキナーゼプラスフコイダン