kafunsyo

MSM

イオウ化合物であるMSMは抗炎症作用が非常に強い天然化合物。その炎症改善作用から、関節炎などを予防するためのサプリメントなどが豊富に出回っています。

そんなMSMはアレルギー症状の改善効果もあるといいます。どのような働きをしてくれるのでしょうか。

MSMとは

MSMとは正式名称をメチルスルホニルメタンと言い、イオウを含んだ天然の化合物です。

体のあちこちに存在し、コラーゲンの生成をサポートしています。その3割以上をイオウ成分で構成されたMSMは、健康で強い体を作るために欠かせない成分でもあります。

MSMの働きや効果は大変注目されており、幅広い作用と効果を持っています。そのためMSM配合のサプリメントなどが数多く並んでいます。

また、MSMの働きとして一番有名なのは、関節炎の改善と予防、さらに関節と関節をつなぐ軟骨成分の減少を抑制するなどのサポートをします。変形性関節症に悩んでいる人への効果は絶大だとか。

それ以外の働きはあまり知られていませんが、実はアレルギーの症状に効果を発揮します。特に花粉症、及びそれに伴うアレルギー性鼻炎に効果的です。

どれくらい摂取すれば良いのか

MSMはさまざまな食品に含まれています。お茶や牛乳の他、野菜や穀物、野菜などが挙げられます。

MSMの効果を出来るだけ効率良く発揮させるために、摂取法と摂取量に注意しなければなりません。

アレルギー症状を改善したい場合、1日約2000mg程度を目安に摂取すると良いでしょう。その際、数回に分けて摂取するとなお良し。サプリメントなどの摂取がおすすめです。

おすすめサプリはこちら→「久光製薬 MSM+グルコサミン