カテゴリー別アーカイブ: イライラ解消成分

GABA

GABAはアミノ酸の一種です。もともとは漢方薬として活用されていましたが、最近ではサプリメントとしてとても有名になりました。

その理由のひとつに高いリラックス効果を得られることが挙げられます。どのような働きによるものなのでしょうか。

GABAとは

GABAとはアミノ酸の一種であり、さらに神経伝達物質でもあります。正式名称はγ-アミノ酪酸といい、主に脳内や脊髄に存在しています。

その昔から漢方薬などに活用されてきた成分ですが、注目されはじめたのは、某お菓子メーカーが、GABAを全面に押し出したチョコレート菓子を発売したことから始まります。今までGABAを知らなかった人も、GABAの健康効果に注目するようになったのです。

GABAの働き

GABAの最も大きな働きといえば、リラックス効果を高めることが挙げられます。ストレス社会と言われる現代に、GABAの効能がぴったりと当てはまったと言えるでしょう。

ストレスを受けるとドーパミンのような興奮したりイライラしたりする神経伝達物質が分泌されます。GABAはそんな興奮しやすい神経伝達物質の分泌を抑制する働きを持っているのです。

GABAを効率よく摂取するためには

GABAのリラックス効果を効率よく摂取するためには、GABAの持つ性質を理解しておかなくてはいけません。GABAは体内に存在する成分のため、体内合成しやすい状態にすることが必要です。

GABAは睡眠中に最も多く生成されると言われているため、十分な睡眠、そして睡眠前の補給が重要です。また、GABAを多く含む食品も要チェックです。

GABAを多く含む食品

  • 玄米
  • 漬物、醤油、味噌などの発酵食品
  • チョコレート
  • なす、かぼちゃ、トマト、きゅうり、アスパラガス、メロンなどの野菜

これらの食品を積極的に摂取しましょう。例えば、玄米100gにつき約10mg前後のGABAが含まれていると言われています。

玄米100gはお茶碗1杯分程度なので、白米から玄米に変更するだけで、GABAを効率良く摂取することができます。

おすすめサプリはこちら→「小林製薬 GABA

レッドクローバー

茎の先にいくつもの小さな赤い花を咲かせることが特徴のレッドクローバーは天然のハーブの一種です。

昔から乾燥させてハーブティーとして活用することが多かったこのレッドクローバーですが、さまざまな健康効果を持っていることが分かりました。どのような働きがあるのでしょうか。

レッドクローバーとは

レッドクローバーは日本語名アカツメクサとも呼ばれる赤い花を咲かせる植物です。小さな赤い花がいくつも寄せ集まっているように咲くこのレッドクローバーは、その昔から医薬品としても使用されていました。

現在でもサプリメントとして私たちの身近な場所にいる成分です。レッドクローバーにはさまざまな健康効果がありますが、特に女性が悩みやすい症状の改善に効果的であり、女性の生活をサポートしてくれる成分としても有名です。

レッドクローバーの働き

レッドクローバーには多くの健康効果がありますが、なかでも女性に大きな影響を与える効果がとても多いことに気付きます。

骨粗しょう症予防改善効果

カルシウムは丈夫な骨や歯を維持するために欠かせない栄養素です。ですが女性の場合、女性ホルモンの影響によって骨からカルシウムが流出しやすくなります。

骨粗しょう症患者に男性より女性が圧倒的に多いのはそのためです。レッドクローバーはホルモンバランスを整えることによって、骨粗しょう症を予防してくれます。

更年期障害の症状改善効果

ほてりや発汗、のぼせ、めまいなどの症状の他、イライラや不安感など内面的な症状も現れる更年期障害ですが、その原因のひとつに女性ホルモンエストロゲンの分泌が減少することが挙げられます。

レッドクローバーにはそのエストロゲンに非常に良く似た働きをする成分イソフラボンが含まれています。そのため、更年期に起こりやすい症状の緩和効果があるのです。

美肌効果

レッドクローバーには、美肌やアンチエイジング効果がると言われ、有名な美肌成分であるヒアルロン酸コラーゲンなどの成分を生成促進させる働きがあります。

このようにレッドクローバーには女性が気になる症状を緩和させてくれる働きがあると考えられます。

レッドクローバーを摂取しない方がいい人

レッドクローバーはホルモンバランスに大きな影響を与えるため、できれば摂取しない方がいい人がいます。

レッドクローバーを摂取しないほうがいい人
  • 妊娠や授乳中の人
  • 婦人科系疾患を患っている人

 

レッドクローバーは副作用の少ない成分ではありますが、このような人にはなんらかの影響は捨てきれません。特に婦人科系疾患の場合、その状態を悪化させてしまうこともあるため、注意が必要です。

おすすめサプリはこちら→「イカワ薬品 マグマ レッドクローバー

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートはサプリメントとしてとても人気のある成分です。

うつ症状や不眠症改善にも効果を発揮すると言われているこの人気成分について説明します。セントジョーンズワートとはどのような成分なのでしょうか。

セントジョーンズワートとは

セントジョーンズワートは日本名を西洋弟切草(せいようおとぎりそう)と呼ばれている天然ハーブの一種です。

その昔から薬効成分として愛飲されてきたセントジョーンズワートですが、現代ではサプリメントとして人気が高く、さまざまなメーカーから販売されています。

セントジョーンズワートの働きは抗うつ作用に特化しており、高い効き目があるにも関わらず、天然成分のため副作用の心配がない事も長年愛されてきた理由のひとつです。

セントジョーンズワートの働き

セントジョーンズワートの働きといえば、精神を安定させるということが挙げられています。

人間のイライラした感情やストレスは、このような神経伝達物質などによって作用されています。

  • ノルアドレナリン
  • ドーパミン
  • セロトニン

セントジョーンズワートに含まれる特有の成分が、このセロトニン濃度をアップさせることが出来るため、うつ症状の改善、または不眠症状の改善につながっていると考えられています。

セントジョーンズワートの効果的な摂取法

セントジョーンズワートの効果的な摂取量は1日約900mg程だと言われています。サプリメントタイプの場合、数粒を1日数回に分けて摂取すると良いでしょう。

またサプリメントではなく、ハーブティーとして摂取する場合もあります。お茶として摂取する場合は、説明書き通りに摂取しましょう。ティースプーン何杯や大さじ何杯などという風に書いてあります。

お茶として飲むと、レモングラスやローズヒップなど、さまざまな他ハーブとブレンドすることも出来ますので、毎日味を変えて楽しみながら摂取することが出来ます。

おすすめサプリはこちら→「ヘルシーワン セントジョーンズワート

ネロリ

ビターオレンジから抽出された成分であるネロリ。スキンケアアイテムに配合されることも多く、その美肌作用はとても有名です。

そんなネロリですが、その他にもさまざまな効果や働きがあります。どのような働きがあるのでしょうか。

ネロリとは

ミカン科であるビターオレンジの花から抽出したエッセンシャルオイルのことをネロリと呼んでいます。

その昔より傷薬や内服薬として、または美肌に良いスキンケアアイテムとして愛されてきました。現在ではさまざまなアイテムに活用されています。

ビターオレンジの花から抽出されたものをネロリと呼びますが、同じくビターオレンジでも、葉や枝から抽出したものはプチグレンと呼んで区別しています。

ネロリのさまざまな効果

  • 強い抗酸化作用を持ち肌のターンオーバーを整える
  • 肌細胞の生まれ変わりを助け肌に弾力と潤いを再生
  • 神を安定させる効果にも長けておりイライラや緊張を和らげる
  • 不眠症改善効果

刺激が少ない優しい使い心地で、敏感肌の人も安心して使うことが出来ると言われています。

ネロリの使い方

ネロリにはさまざまな使い方があります。手作りの化粧水を作ったり、オイルとしてマッサージに使ったりとその用途はさまざまです。

不安な気持ちを改善したり、イライラを抑えたい、またすっきりと眠りたいなどという人は、アロマオイルとして部屋に漂わせるのも良いでしょう。

また、胸元や首筋にマッサージオイルとして使用すると、ネロリの香りでリラックス出来ます。

おすすめオイルはこちら→「ニールズヤード ネロリ

SAMe

私達が元気に活動するために必要不可欠なアミノ酸の一種にSAMeが挙げられます。

私達の体のさまざまな場所に存在し、その成分は長い間うつ病予防効果があるとして活用されてきました。そんなSAMeの特徴、そして働きとはどのようなものなのでしょうか。

SAMeとは

SAMeは私達の体内のさまざまな部分に存在するアミノ酸の一種。正式名称をSアデノシルメチオニンと言います。

略してサムイー。メチオニンの名前が付いているのは、SAMeがアデノシン3リン酸とメチオニンが結合した成分だからです。

体内のあらゆる場所に存在しているSAMeですが、脳と肝臓に特に多い言われています。長い間うつ病治療に活躍してきた成分です。

SAMeをサプリメントで摂取

SAMeはもともとうつ症状を改善する治療薬として発見・活用されてきましたが、近年では関節と関節の軟骨がすり減り、痛みを伴ってしまう変形性関節症を予防・改善する効果も持っていると言われています。軟骨の劣化を食い止める働きがあるためです。

ですが、やはり精神を安定させるという働きには長けていて、不足しがちなセロトニンやドーパミンなど、神経伝達物質を分泌させるようにサポートします。

SAMeを摂取する場合は、主にサプリメントでの摂取になるでしょう。海外では健康サプリメントとして愛用されていましたが、日本では長い間医薬品扱いでした。

ですが日本でもサプリメントの取り扱いが出来るようになり注目されています。摂取量は1日400mg~1500mg程度。

摂取量は状態により調節すると良いと言われています。また、躁うつ病を患った人にはあまり効果がないとのことです。

おすすめサプリはこちら→「NOW SAMe

バレリアン

バレリアンはヨーロッパ原産の天然ハーブで、精神的不安にとても有効に働きということで、日本にも江戸時代に入ってきました。一体どのような成分であり、そしてどんな効果を発揮するのでしょうか。

バレリアンとは

バレリアンは日本名をセイヨウカノコソウと言い、ヨーロッパ原産のハーブです。

精神的な不安や緊張を和らげるとして、随分昔から薬草として重宝されてきました。日本にも江戸時代に蘭方薬として入ってきたとされています。

天然のハーブのため大量摂取などの間違った使い方をしなければ副作用の心配はなく、安全性の高い成分だと言われています。

日本ではまだあまりサプリメントの種類が豊富でないのが不便なところです。

どうやって摂取すれば良いのか

バレリアンは精神を安定させる働きに長けています。そのため、このような人におすすめです。

不眠症・眠ってもすぐに起きてしまう・イライラしたり不安になる

不安感による睡眠障害は単なる睡眠不足だけでなく、体力や集中力の低下、ホルモンバランスの乱れなどを引き起こしてしまいます。バレリアンは、神経伝達物質の量を増やし、眠りやすい環境を整えてくれます。

一番簡単な摂取方法はサプリメントで摂取することです。バレリアンのサプリメントは色々なメーカーより販売されています。

同じく精神を安定させる効果の高いGABAを配合したものも多数あります。またハーブティーとして、摂取するのも飲みやすくて良いでしょう。

バレリアンはアロマ用のエッセンシャルオイルとしても加工されています。眠る前に寝室にアロマを炊くのもバレリアンの活用方法です。

おすすめサプリはこちら→「DHC バレリアン&ギャバ ぐっすり時間

ホスファチジルセリン

細胞膜を作っているリン脂質の一種であるホスファチジルセリンは、特に脳細胞に多く存在しています。

このホスファチジルセリンは脳に効果的に働き、脳機能を改善するとして、さまざまな病気の治療にも役立てられています。そんなホスファチジルセリンとはどのような成分なのでしょうか。

ホスファチジルセリンとは

ホスファチジルセリンとは人間の体に数十兆あると言われる細胞。その細胞膜を構成するリン脂質のひとつです。

その多くは脳細胞に存在しており、脳への影響が多々あると言われています。脳へ働きかけ、ドーパミンセロトニンアセチルコリンなどの神経伝達物質の分泌をサポートします。

以前は牛の脳から抽出されたものを使用することが多かったと言われていますが、現在は大豆からホスファチジルセリンを生成しています。ホスファチジルセリンは脳細胞に多く存在していることから、脳への影響を与えていると言われています。

  • 脳細胞の生まれ変わりを活発化する働き
  • 情報伝達がスムーズに行えるように働きかける
  • 脳機能をアップさせるためアルツハイマー型認知症に改善・予防
  • ストレスを和らげるリラックス効果

これはホスファチジルセリンがドーパミンやセロトニン、アセチルコリンなどの神経伝達物質の量を増加させるためだと言われています。

ホスファチジルセリンを効果的に摂取するには

ホスファチジルセリンは脳の関門である血液脳関門を通ることが出来ないため一度分解されてから再度通ります。

そのため、ホスファチジルセリンを摂取してから脳へ影響を及ぼすようになるまで、しばらく時間がかかります。1日約300mg程度の量を数ヶ月摂取し続けることで、効率的に効果を感じることが出来ます。

おすすめサプリはこちら→「ファンケル PS(ホスファチジルセリン)

トリプトファン

必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンですが、私達にとって必要不可欠な栄養素なのが必須アミノ酸です。

トリプトファンにはさまざまな効果があると言われていますが、どのような効果や働きを持っているのでしょうか。その役割について見ていきましょう。

トリプトファンとは

トリプトファンは、全部で9種類存在する必須アミノ酸のうちのひとつです。

  • ナッツ
  • 乳製品や大豆製品
  • ナッツ類
  • レバー
  • カツオ・マグロ
  • 小麦胚芽
  • バナナ・マンゴー・パイナップル・プラム

必須アミノ酸は体内合成出来ない栄養素であるため、積極的な摂取が必要です。トリプトファンは乳製品や大豆製品など、さまざまな食物に含まれるタンパク質内に存在しています。

トリプトファンの働き

必須アミノ酸であるトリプトファンにはさまざまな効果があります。

PMS(月経前症候群)を和らげる働きや活性酸素除去効果によるアンチエイジングへのアプローチなど、女性にとって嬉しい効果。そして、今注目されている効果が不眠症改善効果です。

心も体も疲れており、不安感や緊張感で眠れない人の症状を改善してくれます。それは、トリプトファンが神経伝達物質のひとつであるセロトニンを構成する成分になるからだと言われています。

トリプトファンを摂取する際、吸収が良くなると言われているビタミンB2との同時摂取がおすすめです。また、トリプトファンの過剰摂取には十分に気を付けることが大切です。

多すぎる量を長期間にわたって摂取すると、肝臓の病気を引き起こしたり、脳の機能低下を招く恐れがあるからです。

また、抗うつ剤などの頓服薬との相性もあまり良くないため、医師の診断をアドバイスを受けてから摂取すべきでしょう。

おすすめサプリはこちら→「カイミン トリプトリズム