カテゴリー別アーカイブ: アレルギー症状に悩む方にオススメの成分

べにふうき

ある特定のお茶に含まれる成分が、アレルギー症状にとても良く効くことが分かったそうです。それは「べにふうき」というお茶なんです。気になるべにふうきについて詳しく見ていきましょう。

べにふうきとは

アレルギー症状に悩む人は以前と比べ、年々多くなってきていると言われている昨今、アレルギー症状の改善にとてもいい働きをするお茶が注目されています。それば「べにふうき」というお茶です。

べにふうきとは

野菜茶業研究所にて育成され、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構によって登録をされた品種のお茶のことで、もともとは紅茶用の品種でした。

べにほまれとダージリンを交配して出来上がった、半発酵茶です。

べにふうきの働き

べにふうきには、アレルギー症状を改善する強力な働きがあると言われています。

  • 花粉症の症状
  • アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー症状を起こすヒスタミンの分泌を抑制する効果があるためです。

べにふうきに含まれる成分

 

べにふうきに含まれる成分
  • メチル化カテキン
  • 茶カテキン
  • ストリクチニン

 

メチル化カテキンはお茶の中でもべにふうきに最も多く含まれるカテキンの一種で、ヒスタミンの分泌を抑制する効果のある成分です。

べにふうきは紅茶用に開発されたお茶ですが、紅茶用に加工すると失われてしまう成分でもあり、緑茶として加工されることで、メチル化カテキンを豊富に含んだお茶ができあがります。

また、ストリクチニン抗アレルギー成分で、アレルギー症状が現れるのを抑える働きを持っています。

べにふうきを効果的に摂取するためには

べいふうきに含まれる有効成分は、高温で溶け出すという性質を持っています。

そのため、お茶をいれる際は熱い熱湯でいれると、有効成分を効果的に摂取することができます。

メオチニン

体内で合成が難しい必須アミノ酸は外部からの摂取が必要不可欠な栄養素です。

そんな必須アミノ酸のひとつであるメオチニンは、ある化学物質の放出を抑制することで有名な成分なんです。どのような働きを持っているのか調査します。

メオチニンとは

メチオニンとはあまり聞き慣れない成分ですが、必須アミノ酸のひとつです。必須アミノ酸とは体内合成できないアミノ酸のことで全部で9種類あります。

必須アミノ酸
メチオニン・トリプトファン・リシン・フェニルアラニン・トレオニン・バリン・ロイシン・イソロイシン・ヒスチジン

 

必須アミノ酸は体内合成できないゆえ、食事などで外部から摂取しないといけません。

メチオニンはこのような食材に多く含まれています。

  • 肉類
  • 乳製品
  • カツオやマグロ
  • 豆腐や納豆の豆類
  • ナッツ類
  • 全粒小麦

メチオニンが不足すると血中コレステロール値をコントロールできなくなるため、動脈硬化などの病気になりやすくなってしまうと言われています。

メチオニンの働き

メチオニンはさまざまな働きを持っています。

  • 肝機能アップ効果
  • アンチエイジング効果
  • うつ症状の改善効果
  • アレルギー症状の予防改善効果

このような効果がありますが、中でもアレルギー症状の改善には非常に優れた働きをしてくれます。

アレルギー症状は、外部からの侵入者アレルゲンの反応し、体内でヒスタミンという物質が一気に放出されることによって起こります。メチオニンは、このヒスタミンを抑制する働きを持っており、それによってアレルギー症状が改善される仕組みです。

メチオニンの過剰摂取に注意

メチオニンは体内合成できない必須アミノ酸ですが、過剰に摂取しすぎるとめまい吐き気などの症状が現れることもあります。

メチオニンの理想摂取量は、体重1kgに対し約13mg程度です。食事からの摂取であればそこまで摂りすぎることはないと予想されますが、サプリメントなどは気を付けなければいけません。

おすすめサプリはこちら→「ニュートリコロジー Lメチオニン

エキナセア

薄い桃紫色の花が特徴の天然ハーブであるエキナセアは、その昔から天然の薬として活用されてきた植物です。

現在でもサプリメントなどの需要は高く、免疫機能をアップさせるとして重宝されています。どんなエキナセアとはどのようなハーブなのか、その働きについて見ていきましょう。

エキナセアとは

エキナセアとは、北アメリカを原産地とした天然のハーブの一種です。

薄いピンク色や薄い紫色の花が特徴的で、日本名はムラサキバレンギクと言います。キク科の植物だけあって、見た目も日本で良く見る菊と良く似ています。

エキセアナの働き

エキセアナの働きの中で最も有名なものといえば免疫機能をアップさせることにほかなりません。

エキナセアに含まれる成分
フラボノイド・糖タンパク・アルキルアミドなど

 

このような有効成分は、免疫細胞を活性化させ、外部からのウィスルや細菌を除去する働きを持っています。

免疫機能がアップすることによって、アレルゲンとなる物質が侵入してきた際、NK(ナチュラルキラー)細胞が正常に働きことで、アレルギー症状を緩和させることができるのです。

花粉症アレルギー性皮膚炎アレルギー性鼻炎などに効果的です。

エキセアナ摂取の際注意すべきポイント

エキセアナは天然の植物でありハーブですが、その摂取には少し注意した方がいいと言われています。

  • 免疫機能に関する病気を抱えている人
  • キク科植物へのアレルギーがある人
  • 妊娠中や授乳中の人

これらの人は摂取前に医師に相談することをおすすめします。場合によっては、下痢症状吐き気などをもよおす可能性もあります。

また、通称コミッションEと呼ばれるドイツの機関であるドイツ連邦保健省薬用植物評価委員会は、その摂取方法として「8週間以上連続で摂取し続けないこと」と「2週間摂取後は約1週間のインターバルを取ること」を推奨しています。

連続して摂取し続けることで、その効果が薄れてくると言われているからです。

おすすめサプリはこちら→「生活の木 エキナセアカプセル

フコイダン

フコイダンという成分を聞いたことがあるでしょうか。

最近ではスキンケア製品にも配合されていることがある成分で、多くの健康効果を持っているとして注目の成分なんです。フコイダンという成分はどのような特徴を持っているのでしょうか。

フコイダンとは

フコイダンとは、主に海藻類に含まれており、食物繊維の一種である成分です。

  • もずく
  • めかぶ
  • アカモク
  • 昆布
  • ひじき

このような海藻類に最も多く含まれており、あのネバネバとしたぬめり成分の素になっています。あのネバネバとしたぬめりは、海藻事態の防衛作用、または自浄作用であると言われています。

乾燥してしまうのを防いだり、または傷ついた時の修復として、あのぬめりを身にまとっているのです。呼び方として、フコダインという場合もあるようですが、正しくはフコイダンの方であると言われています。

フコイダンの働き

フコイダン健康効果や美容効果などこのような働きを持っています。

  • アンチエイジング美肌効果
  • 免疫力アップ効果
  • 生活習慣病予防効果
  • アレルギー症状改善効果

活性酸素を抑制する美容効果やコレステロールをからめとり体外へと排出する生活習慣病予防効果など、フコイダンには多くの健康効果がありますが、中でも注目されているのはアレルギー症状への働きかけです。

フコイダンがアレルギーに効く秘密

フコダインがアレルギー症状に効果的な理由は、免疫細胞のひとつであるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させるからです。

さまざまな外敵から守ってくれ、さらに免疫機能をアップさせてくれるため、アレルギー症状を改善させてくれると言われています。

フコイダンの有効性の高い摂取方法とは

フコイダンの理想的な摂取量は、1日約3g程度であると言われています。ですが、フコイダンを豊富に含んでいるもずくでさえ、約60パック食べないと理想量には届かないのです。

そんな大量のもずくを食べるには到底無理があり、食品からの摂取はとても難しいと考えられています。効果的に摂取したいのなら、サプリメント摂取をおすすめします。

おすすめのサプリはこちら→「TaKaRa フコイダンサプリパウチ50

モリンガ

モリンガは天然ハーブの一種ですが、その強い抗菌作用によって、さまざまなアイテムに活用されている植物です。そんなモリンガのある働きに注目が集まっています。モリンガの注目の効果とはどのようなものなのでしょうか。

モリンガとは

モリンガはワサビノキ科に属する天然ハーブの一種で、その昔古代より薬用ハーブとして重宝されてきました。

ビタミンミネラル鉄分などを豊富に含むこのモリンガは、食用としても活用されてきた植物です。

食用として、そして種子などからオイルを抽出し軟膏として、その活用法はさまざまです。

その強い抗酸化作用抗菌作用によって、健康に良いハーブして親しまれています。最近ではスキンケア製品にも含まれています。

また、モリンガにはその強い抗酸化作用と抗菌作用によって、さまざまな効果をもたらしてくれます。

  • 炎症を抑える
  • 関節炎などの痛み止め
  • 細菌などによる感染予防
  • ガン予防
  • 免疫力をアップし体を強くしてくれる

それ以外に大変注目されている効果、それはアレルギー症状の改善効果です。強い抗アレルギー効果により、アトピー性皮膚炎やアレルギー喘息などに効果を発揮すると言われています

モリンガの摂取方法

モリンガを摂取する方法はさまざまあります。

  • 粒状のサプリメントタイプ
  • パウダータイプを料理に使う
  • ティーバッグタイプをお茶として飲む

好みや用途によって使い分けることが出来ます。天然ハーブのため子供プレママにもOKなのが嬉しいですね。

天然原料のため、多少摂りすぎても副作用の心配もなく、普段飲んでいるお茶をモリンガ茶に変えても大丈夫です。

おすすめサプリはこちら→「モリンガファミリー モリンガサプリ

フェカリス菌

さまざまな乳酸菌が存在する中、環境に強く、生きたまま腸まで届く生菌が注目されています。そんな生菌のひとつにフェカリス菌が存在しています。フェカリス菌の働きとはどのようものなのでしょうか。

フェカリス菌とは

フェカリス菌は正式名称をエンテロコッカス属フェカリス菌と言い、たくさんの種類のある乳酸菌のひとつです。

生菌と呼ばれる生きたまま腸に届き効果を発揮するタイプの乳酸菌ですが、そのフェカリス菌が大変注目を集めています。

注目を集める理由、それは死滅してしまった死菌であってもその効果を存分に発揮することが出来る性質を持っているからです。

1000分の1mm、1ミクロンと非常に小さい単位のため、一度に大量に摂取することができ、その効果を高めることが出来ます。

フェカリス菌は腸内環境を整えることでさまざまな効果を発揮

  • 腸内の悪玉菌を退治し善玉菌を増やす
  • 体内に侵入した菌やウィルスやガン細胞などを体外へと排出する
  • 免疫力の向上
  • 健康で強い体作りに貢献
  • 悪玉コレステロールをも減少させる

アレルギー症状改善に非常に長けた成分でることも有名。特に花粉症の症状に効果大。大変強い抗アレルギー成分であることは間違いありません。

フェカリス菌を増やすには

フェカリス菌を腸内で増やすには、フェカリス菌配合のヨーグルトや乳酸菌飲料を1日1本程度、毎日飲み続けると良いでしょう。生きたまま腸へと届けるプロバイオティクスの効果を得ることが出来ます。

また乳酸菌はオリゴ糖食物繊維との相性が抜群。乳酸菌が増えるためのエサとなってくれるためです。

そのため、オリゴ糖や食物繊維と一緒に摂取すると、さらに効果がアップします。

おすすめサプリはこちら→「ヘルシーワン メガサンA150

セラミド

肌表面の角質層に多く存在し、細胞を繋ぎ合わせる働きのある成分がセラミドです。

セラミドがあるおかげで、肌の水分や潤いが守られているといっても過言ではありません。そんな美肌成分として有名なセラミドの効果とはどのようなものでしょうか。

セラミドとは

セラミドは肌の角質層にある成分で、細胞膜に多く存在しています。細胞と細胞をセラミドが埋めていると考えると良いでしょう。肌は約28日周期ターンオーバーを繰り返し、新しく生まれ変わっています。

その際、セラミドも細胞内から飛び出し、角質層を埋めるというわけです。そのため、肌は外部からの刺激や水分が蒸発するのを防ぐことが出来ます。とても薄い表皮層を守っているのはセラミドと言えるでしょう。

内部からセラミドを補う方法

セラミドは肌の美しさ、潤いを守りますが、肌に悪影響を及ぼすものは色々と存在します。

  • 紫外線
  • ウィルス
  • ほこり
  • ダニ

セラミドは水分保持力に優れ、肌の水分が蒸発するのを防ぐため、肌は潤いに満ちます。セラミドが少なくなると、乾燥するのはそのためです。またセラミドはアレルギーとも大きく関係しています。

アトピー性皮膚炎の人はセラミドが非常に少ない

バリア機能が低下した肌は皮膚を守ることが出来ず、炎症を起こしてしまいます。そのため、セラミドを十分に補うことで、それらの症状を改善してくれます。

肌の潤いを守りバリア機能をアップさせてくれるセラミドは、さまざまなスキンケアアイテムに活用されています。

ですが、さらなる効果アップを目指したいのなら、サプリメントなどで体の中からケアすることをおすすめします。

1日の理想的な摂取量は600~1200μg(マイクログラム)程度。

セラミドを多く含む食品は、こんにゃくいも大豆ほうれん草乳製品などが挙げられます。

おすすめサプリはこちら→「ダイセル ピュアセラミド

MSM

イオウ化合物であるMSMは抗炎症作用が非常に強い天然化合物。その炎症改善作用から、関節炎などを予防するためのサプリメントなどが豊富に出回っています。

そんなMSMはアレルギー症状の改善効果もあるといいます。どのような働きをしてくれるのでしょうか。

MSMとは

MSMとは正式名称をメチルスルホニルメタンと言い、イオウを含んだ天然の化合物です。

体のあちこちに存在し、コラーゲンの生成をサポートしています。その3割以上をイオウ成分で構成されたMSMは、健康で強い体を作るために欠かせない成分でもあります。

MSMの働きや効果は大変注目されており、幅広い作用と効果を持っています。そのためMSM配合のサプリメントなどが数多く並んでいます。

また、MSMの働きとして一番有名なのは、関節炎の改善と予防、さらに関節と関節をつなぐ軟骨成分の減少を抑制するなどのサポートをします。変形性関節症に悩んでいる人への効果は絶大だとか。

それ以外の働きはあまり知られていませんが、実はアレルギーの症状に効果を発揮します。特に花粉症、及びそれに伴うアレルギー性鼻炎に効果的です。

どれくらい摂取すれば良いのか

MSMはさまざまな食品に含まれています。お茶や牛乳の他、野菜や穀物、野菜などが挙げられます。

MSMの効果を出来るだけ効率良く発揮させるために、摂取法と摂取量に注意しなければなりません。

アレルギー症状を改善したい場合、1日約2000mg程度を目安に摂取すると良いでしょう。その際、数回に分けて摂取するとなお良し。サプリメントなどの摂取がおすすめです。

おすすめサプリはこちら→「久光製薬 MSM+グルコサミン

ビオチン

ビタミンB群のひとつであるビオチンは、体内合成されている健康成分です。

あまり不足することはないと言われていましたが、さまざまな環境の変化によって合成料が減少してしまいます。そんなビオチンの働きとはどのようなものがあるのでしょうか。

ビオチンとは

ビオチンはビタミンB7とも言われているビタミンB群の仲間で水溶性のビタミンです。ビオチンは腸で合成されており、体内合成が盛んに行われている間は不足することはないと言われていました。

ですが最近は生活環境の変化などにより、不足する人も少なくありません。

ビオチンが不足すると、皮膚粘膜毛髪筋肉など、さまざまな部分にトラブルが発生すると言われています。水溶性ビタミンのため、過剰に摂取したとしても尿と一緒に体外へと排出されます。

ビオチンを摂取するために

食事により摂取した炭水化物は、体を動かすエネルギーとして生成され消費されます。

ビオチンはエネルギー生成の際、発生した疲労物質である乳酸を肝臓において再びリサイクルするという働きを持っています。また、ビタミンB群であるビオチンは皮膚や粘膜の健康にも大きく関わっています。

アレルギーが原因で起こるアトピー性皮膚炎によるかゆみや炎症を抑制、改善する効果も持っていると言われています。

ビオチンが多く含まれる食材は

ビオチンが多く含まれる食材

  • 牛レバー
  • 大豆
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • トマト
  • ニシン
  • ほうれん草
  • 玄米

ビオチンは1日50マイクログラムほど摂取すると良いとされています。

ビオチンは体内合成されている成分ですが、喫煙やアルコールの飲み過ぎ、偏った食生活、腸内に悪玉菌が多い人などが不足しがちになると言われていますので、注意が必要です。

おすすめサプリはこちら→「リアルサプリ ビオチン

甜茶

甜茶とは中国原産のお茶で、さまざまな健康成分が含まれていると言われている健康茶です。そんな甜茶の働きとはどのようなものなのでしょうか。アレルギーの改善に大きな影響を及ぼすとされる甜茶とはどのようなお茶なのでしょうか。

甜茶とは

甜茶とはバラ科の植物である甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)から作られる甘味のあるお茶のことです。

砂糖の数十倍という甘さがありながら、カロリーはほとんどないため、ダイエット中の人におすすめの甘味料です。

豊富な栄養成分が含まれており、数千年も昔から健康茶として愛飲されてきました。とても貴重な貴重なお茶として人気があります。原産は中国の山岳地帯と言われています。

甜茶の働きと豊富な栄養成分

甜茶はカロリーがないためダイエット中の甘味料として、また虫歯になりにくい甘味料として活用されていますが、一番大きな働きはアレルギー症状の改善・予防にあります。

特定のアレルゲンに反応するアレルギー性鼻炎や、花粉症などに特に効果を発揮します。

甜茶に豊富に含まれる抗酸化成分ポリフェノールが、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑制するためだと言われています。

その働きの要因となるのが、甜茶に含まれる豊富な栄養成分です。

  • アレルギーの症状を抑えるポリフェノール
  • 甜茶特有の甘味の素ルブソシド
  • マグネシウム・鉄分・カルシウム・カリウムなどの豊富なミネラル群

甜茶をしっかりと煮出し(数分沸騰)、1日約400mg摂取するとアレルギー症状に効果を発揮します。

おすすめサプリはこちら→「サントリー 甜茶