DHA・EPA

サプリメント成分として代表的なのがDHAとEPAです。DHAもEPAも青魚に最も多く含まれる多価不飽和脂肪酸のひとつ。 健康に大変良いとされる脂肪酸のため、積極的な摂取が望まれています。 そんなDHAとEPAのアレルギーに対する働きを見ていきましょう。

01

体内合成出来ない必須脂肪酸であり、最近話題の健康成分であるオメガ3系脂肪酸のDHAとEPA。これらの成分にはさまざまな効果があると言われていますが、なかでもアレルギー症状に関連した働きに注目が集まっています。そんなDHAとEPAの働きとはどのようなものなのでしょうか。

DHA・EPAとは

DHAもEPAも炭素の結び付きが2ヵ所以上存在する多価不飽和脂肪酸のひとつ。体内合成出来ない脂肪酸を必須脂肪酸といい、オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸がその必須脂肪酸に属しています。

DHAとEPAはオメガ3系脂肪酸に分類されているため、必須脂肪酸にあたります。主に青魚に多く含まれており、健康にとても良い働きをすることで有名。厚生労働省により1日1000mg以上の摂取が推進されています。

また、DHAとEPAは非常に似た働きを持っています。
血流改善効果、リラックス効果、生活習慣病予防効果などが挙げられますが、なかでも注目の効果がアレルギー症状の改善。DHA・EPAともに持っており、アレルギー症状を促進する酵素を抑制することで、アトピー、喘息などの症状を緩和する働きがあると言われています。

これらふたつの成分の違いは、脳の血液脳関門を通過できるかどうか。
DHAは通過することが出来ますが、EPAは通過出来ないことにより、脳に働きかける効果に多少の違いがあります。

効果的に摂取しよう

DHAもEPAもとても不安定な成分であり、これら成分の効果を効率的に摂取しなければなりません。熱や空気、水にも弱い性質を持っているため、酸化する前の新鮮なうちに生で摂取すると一番効果的だと言われています。

02

目標は1日1000mgの摂取。主に青魚に多く含まれているため摂取しづらいというデメリットがあるため、サプリメントや健康補助食品、加工品などを存分に活用すると良いでしょう。

DHAとEPAの働き

DHAとEPAにはさまざまな健康効果がありますが、生活習慣病への働きは似通ったものがあります。

  • 悪玉コレステロールを減少させる
  • 悪玉コレステロールを回収し体外へ排出させる働きのある善玉コレステロールを増やす
  • 血管をしなやかに弾力性のあるものにし、血流を改善
  • 動脈硬化予防

それにより、心筋梗塞や脳梗塞、高脂血症、高血圧などの生活習慣病を予防、または改善することが出来ます。

DHAとEPAの違いってなに?

DHAもEPAもどちらも多価不飽和脂肪酸であり、体内合成出来ないため積極的な摂取が勧められている必須脂肪酸です。オメガ3系に属しており、青魚に最も多く含まれているなど、とても似ているこのふたつの成分。

どのような違いがあるのか疑問に思うことが良くあります。とても良く似ていますが、実はそれぞれに違いがあるのです。

・DHAは脳への影響が大変強い
・EPAは血管や血液に影響を及ぼす

EPAが入ることの出来ない脳の深い部分に入ることの出来るDHAと、血液をサラサラにし、血栓を予防する働きに長けたEPAと言えるでしょう。

DHAには記憶力や学習能力をアップさせる効果、EPAには血液をサラサラにし、血管をしなやかにする効果などがあります。実はそれ以外にDHAとEPA、どちらも持っている働きが精神安定促進効果です。神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促し、イライラしたり攻撃的になったり、うつ状態になるのを防いでいると言われています。

DHAとEPAはどちらも似通った性質や働き、そして違った面と両方を持っています。
これらふたつの成分がお互いの効果を高め合う成分であり、そのためDHAとEPAを同時に摂取すると良いと言われています。

サプリメントなどで摂取する場合、DHAとEPAの両方を摂ることの出来るサプリメントが多く販売されてますので、そのようなサプリメントを選ぶと良いでしょう。

オメガ6系脂肪酸との摂取量のバランスをとろう

DHAとEPAは近年とても注目を集めているオメガ3系脂肪酸にあたります。DHAとEPAの他には、αリノレン酸がオメガ3系脂肪酸はさまざまな健康効果をもたらしてくれますが、実はオメガ6系脂肪酸と一緒に摂取することで、さらに効果をアップさせることが出来ます。

オメガ6系はリノール酸やアラキドン酸が代表脂肪酸であり、多く含まれる食品はこちら。

  • 紅花油
  • コーン油
  • ひまわり油
  • 菜種油

オメガ3系とオメガ6系を1:4の割合で摂取するのが一番よりバランスです。